転移したがんの治療

先生

癌性腹膜炎を発症している場合は、がん細胞が体中に転移している可能性が高い。転移しているがんは外科手術では治療することが困難である。体中にがん細胞が転移している時には、NK細胞療法で治療することができる。

Read More...

高齢者の自律神経失調

病院

高齢者の自律神経失調症は、健康上のストレスを原因とする場合が多いのです。治療法としては、不要なストレス、不安感を取り除くための治療をすることです。そのためには、認知行動療法が有効です。認知行動療法によって思考の偏りを整えて、頭を柔軟に保つことで、自律神経失調症の症状が改善することでしょう。

Read More...

特徴と名医

笑顔

体の比較的表面にできるがんが、乳がんなので、自分で発見することが可能です。定期的に自分の乳房を目視して確認したり、触診したりすることが重要です。乳がんにも名医や人気の病院というのは存在し、実績がたくさんあるようなところは人気があります。病院の情報集めは、複数の情報源から集める方が信頼できます。

Read More...

発症者の多い病気です

男性

血管が詰まる病気です

脳の血管が詰まることで脳細胞が壊死してしまう症状を脳梗塞と呼びます。脳梗塞が起こる原因には大きく三種類あります。一つに動脈硬化があります。この症状により脳の血管がだんだん狭くなり、粘着質の血液が血栓を作るために血管が詰まり、脳梗塞を発症します。また、脳の血管以外にも心臓や他の部位にできた血栓が血液に流されて脳内にとどまることがあります。特に心臓からの血栓が飛んできた場合、心原性脳梗塞症と呼ばれています。もう一つの原因に、脳内の血流が低下して起こることがあります。血圧が低かったり、脱水症状になると血流量が減少してしまい、血栓ができやすくなります。脳梗塞に似た症状に一過性脳虚血発作があります。脳細胞が壊死するほどではない血栓ができる症状で、血流が元に戻ると症状が緩和します。

生活習慣を改善しよう

脳梗塞が起こりやすい原因となる要素はさまざまあります。高血圧や糖尿病などの生活習慣病を持つ人や、飲酒、喫煙、肥満など、体に良くない生活習慣を続けていると危険因子となります。特に高齢になると血管が固くなったり狭くなりがちで、日頃から生活習慣を正すことで未然に防ぐことができます。脳梗塞にも原因によっていくつかに分類されています。アテローム硬化と呼ばれる欧米化した食生活から血管に脂肪性物質が付着することで起こります。また、高血圧が原因で細かい細胞が詰まってできた小さな梗塞ラクナ梗塞と呼ばれています。脳梗塞が起きると、意識障害や麻痺が現れます。手足だけでなく顔面のしびれや言葉が出てこなくなる失語症や健忘症などさまざまな症状を起きます。兆候が少しでも出てきたら早期に治療をはじめましょう。